SBIバーチャル・カレンシーズ

投稿日:

 

国内最大級の仮想通貨取引所となるか!?SBIバーチャル・カレンシーズ

SBIバーチャル・カレンシーズはSBIホールディングスが100パーセントバックアップする新しい仮想通貨取引所です。

SBIホールディングスは証券、保険、ローンなど扱うインターネット金融サービスの大手グループ(東証一部上場)

運営元SBI・バーチャルカレンシーズ株式会社は資本金9億8000万となっており、その資本力、サービスやセキュリティに申し分ないと言われています。

では大手SBIグループが手がけた仮想通貨取引所にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

SBIバーチャルカレンシーズの特徴とは

SBIバーチャル・カレンシーズは「ストレスフリーな仮想通貨取引所」をスローガンとし、金融庁の許可も取得済みです。

Xraidエコシステムに参加する見通しが決まってますので、国境を超えた国際送金のコスト削減、XRPの導入による効率的でスピーディーなトレードが期待出来ます。

これは海外取引所にあるコインを円に換金したい場合、送金速度が遅いビットコインより使い勝手が良いということで、リップル社のXRPが選ばれた理由です。

また他の取引所は最初にBTC/JPYが主流になっていますが、SBIバーチャル・カレンシーズは初のリスト入りをXRPに選んだということも特徴の一つです。

リップル(XRP)

仮想通貨はビットコイン1強でしたが、最近ではビットコインに対抗するアルトコインと呼ばれる仮想通貨が次々と出てきています。 それでビットコインからアルトコインへ乗り換えて取引する人も増えてきています。 ...

続きを見る

 

SBIバーチャル・カレンシーズのメリット

資金力がある大手企業参入は、サーバーの安定とユーザーの信頼は日本一の取引所となることが期待されています。

SBI利用者に手数料の特典やメリットで評判が良くなれば、今後も利用者が増える見込みがありそうです。

また日本国内なので、トラブルがあった時の対応も不安はないと考えていいでしょう。

 

SBIバーチャル・カレンシーズのデメリット

それは他の取引所と比べ、扱う仮想通貨の数が圧倒的に少ないです。

今後、本格的に始動すれば増えてくると思いますが、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルの3つになります。

取り扱うコインの上場スピードに今後の展開が決まってくるのです。

SBIバーチャル・カレンシーズがいよいよ本格的に始動するのは、各国政府の規制に関する動向G20における議論後、取引日が確定するそうです。

1月30日にはβ版で公開されて一部の顧客限定で開始されています。

仮想通貨を取引する上でSBIバーチャル・カレンシーズは欠かせない存在になりそうですね。

 

-仮想通貨取引所

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.