ネオ(NEO)

投稿日:

 

中国産の仮想通貨ネオの概要と特徴

仮想通貨ネオは2016年10月、中国でリリースされました。通貨単位はNEOで発行上限は1億NEOです。

イーサリアムのスマートコントラクトを採用しているので、中国版イーサリアムとも呼ばれています。

元はアントシェアーズ(Antshares)、単位はANSという名前でしたが、2017年6月にネオにリブランディングされました。

 

ネオとイーサリアムには大きく異なる点があります。

まず一つは、DBFTという独自のアルゴリズムをブロック認証システムに採用している点です。

そもそもブロックチェーン、分散型台帳というのはたくさんのノード(コンピューター)でお互いに監視をしあいながら、P2Pという取引を成立させています。

ブロック認証システムというのは、その取引が成立した際に行われる認証作業のことです。

DBFTとは、ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム、Delegated Byzantine Fault Tolerantの頭文字を取ったものです。

ビザンティン将軍問題というのは、ネットワーク上でどこかのノードが裏切ったり、バグや不正をしてシステムの安全性を脅かすかもしれない問題、という意味です。

DBFTは、そのようなビザンティン将軍問題にも耐性があります。

 

もう1つは、プログラミング言語の凡庸さです。

イーサリアムはSolidity、Serpentといった独自の言語を採用しているため、開発者が限られるという問題点があります。

ネオはJavaScriptやPeyton、C言語など比較的ポピュラーな言語を採用していて、様々なエンジニアが開発に取り組みやすい、といった利点があります。

 

なにより、ネオの処理速度の速さには驚かされるでしょう。

世界的に有名なVISAカードが1秒あたり4,000件から6,000件処理できるのに対し、ネオは1,000件。

ビットコインは7件、イーサリアムは15件です。これだけでも、日常的に紙幣を決済に使うことの少ない中国で人気があるのが頷けます。

 

仮想通貨と中国、政府の規制は未知数

2017年9月、中国政府が仮想通貨取引所の規制を発表したことで、ビットコインをはじめとする仮想通貨が軒並み暴落したことがありました。

中国国内では、ネオもいつ、どのような形で政府の規制を受けるか分かりません。

それでもネオは世界の取引所で扱われていて、時価総額も高いことで知られています。

日本で購入することにそれほど心配はないでしょう。

 

ネオを購入できる取引所

現在、ネオは国内の取引所には上場されていません。

中国の取引所、バイナンスをおすすめします。

1日に引き出すのが2btcまでなら、パスポートなど個人情報なしにも登録でき、日本語対応のページもあって安心です。

また、Bittrex、Poloniexといった海外の大手取引所でも購入することができます。

 

-アルトコイン一覧

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.