コムサ(CMS)

投稿日:

 

[コムサの出発点と役割の概要]

コムサトークン(COMSA、通貨名は一般にCMSと表記されます)は主に企業のICO(仮想通貨を使った事業資金調達)を円滑に行うために作られた仮想通貨とその流通プラットフォームのことを指していて簡単に言ってしまえば「企業の資金集め=ICOや決済業務などを行うための仕組み」です。

起業家が資金集めをする場合は一般的に有価証券類(つまりは株など)を使った手法が現在では多く取られていますが
これを仮想通貨を使って直接的かつ迅速に投資家から集めようというICOを全面的に効率化しようとして計画され、2017年末に一般にも保有が公開されました。

将来的には様々な企業活動に使われる予定のコムサトークンですが、まず出発点として各企業が発行しているトークン(自社にだけ通用する仮想通貨)の価格を評価する指標として使われています。

例えば、A社、B社、C社それぞれが発行している仮想通貨があったとしてもそれぞれが孤立していては取引上非常に煩雑なのでその価値をコムサトークンによって一括して測ってしまい取引をスムーズにしようという試みです。

そしてコムサトークン自体も、ビットコイン、ネム、イーサリアム、ザイフトークン(後述しますがコムサと特別な関係にあります)の4つの仮想通貨によって常時評価されているので一企業が発行しているだけの仮想通貨でも迅速にリアルマネーとつながっていけるという事になります。

 

[コムサを主導しているテックビューロ株式会社]

上述のザイフトークンについてコムサと特別な関係にあると述べましたが、実はこのザイフトークンもコムサも日本の企業であるテックビューロ株式会社が開発し運用をしています。

またこのテックビューロ社はZaif(ザイフ)という金融庁公認の仮想通貨取引所を運営していて、ブロックチェーン技術の産業への多様な応用に挑戦している企業です。

Zaif Exchange(ザイフ)

Zaifの手数料 Zaifは日本の仮想通貨取引所の中では手数料が安いと評判です。 ビットコインに至ってはmakerが-0.05%、takerが-0.01%というマイナス手数料を採用しており、取引するご ...

続きを見る

 

そしてコムサを市場に送り出した際には上記の4つの仮想通貨での支払いを受け付けていたわけですが、ザイフトークンでコムサトークンを購入した場合だけは2%のプレミアムをつけてその際はザイフトークンは4倍まで急騰しました。

その後コムサトークンの取引が沈静化するにつれてザイフトークンの価格は元に戻りましたが後もこのどちらもビューロテック社が管理する2つの仮想通貨の相乗効果からは目が離せません。

no image
ザイフトークン

[ザイフトークンの運営母体と発行の流れ] 仮想通貨取引所Zaifを運営する日本のテックビューロ株式会社が発行しているのがザイフトークンです。 ザイフトークンはビットコインと同じブロックチェーン技術を援 ...

続きを見る

 

[コムサの投資や投機対象としての将来性と安定性]

コムサ単体の値動きで言うと、2017年末の上場から2ヶ月程度で約4倍の価格に上昇しました。

先述したようにコムサの価値はビットコインなどとの関係で仮想通貨同士のいわば相対評価で決まりますので、仮想通貨相場全体が下降していても急な暴落を起こすことは考えづらいです。

またザイフトークン関連で述べたようにコムサのビジネスを主導しているビューロテック社のシステムモデルは重層的で透明度の高いものです。

コムサトークンの発行に関しては全体の1/2を上場させて一般投資家に公開し、1/4を自社保有とし、最後の1/4でシステム構築や人件費などの支払いに充てたと明言していますのでインサイダー的な違法な取引で一般投資家が不利益を受ける可能性は低いのではないかと思われます。

今後は株式発行に代わってブロックチェーン技術が企業の資金調達として主役に躍り出るという専門家も多くいますので
投資を志向するのであればコムサとニューロテック社から目が離せません。

 

-アルトコイン一覧

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.