ザイフトークン

投稿日:

[ザイフトークンの運営母体と発行の流れ]

仮想通貨取引所Zaifを運営する日本のテックビューロ株式会社が発行しているのがザイフトークンです。

ザイフトークンはビットコインと同じブロックチェーン技術を援用して作られていますので取引方法は従来の仮想通貨とほぼ同じです。

ビットコインと決定的に違うのは発行者のテックビューロ社が流通を管理していますので、トランザクション(取引が正しいかどうかの判定)は全てテックビューロ社が独自に行なっておりマイニング(正誤判定報酬による通貨掘り起こし)は発生しません。

これはトークン全般についてそうですが、総量も最初に確定されておりその後の発行総量調整も全て発行者であるテックビューロ社の管理下にありますので、言ってみればザイフトークンの価値は大半がマーケットによるテックビューロ社への評価に依存していると言えます。

 

[マーケットのザイフトークンへの評価の大まかな経過]

実はザイフトークンは2018年初頭現在のところほとんど使い道がありません。

今までで一番大きな使い道はこれもテックビューロ社が半数の発行量に関与したCOMSA(トークンの1銘柄)のICO(仮想通貨を利用した企業の資金調達)で支払い通貨として受け入れられた位でしょうか。

ただしその後のCOMSAトークンは数ヶ月で数倍の価格上昇を見せたのでマーケットのテックビューロ社への信頼は大きく高まったと言えます。

話を単純化して少し整理すると

COMSAトークン=テックビューロ社が発行数の半数を保有=上場後数ヶ月で数倍の価格に上昇

ザイフトークン=テックビューロ社が発行と運営のすべてを管理=1通貨1円前後で低迷

ということになります。

COMSAトークンで大きな利益を導き出したテックビューロ社がザイフトークンに関してもこのまま手をこまねいているとは思えないので今後何かしらのプレミアムをザイフトークンに付与してくる可能性が高いでしょう。

no image
コムサ(CMS)

  [コムサの出発点と役割の概要] コムサトークン(COMSA、通貨名は一般にCMSと表記されます)は主に企業のICO(仮想通貨を使った事業資金調達)を円滑に行うために作られた仮想通貨とその ...

続きを見る

 

[手堅い推移をとると思われるザイフトークンの値動き]

逆説的な表現になりますがザイフトークンの一番の将来性は、まだ将来性を見出されておらずそれほど着目されていないことでしょう。

2017年末に4円まで高騰したザイフトークンも、その後の仮想通貨全体の暴落により2018年2月現在、1円ほどに落ち着いています。

しかし、保有する以外に何も使い道のない状態で一応価格はついているわけですから、もしもまた何かしらの使い道がテックビューロ社から提示されてくれば上昇要因になると考えるのが自然です。

何かしらの上昇要因が出て来る前に気長に長期保有目当てで買っておくのに適した投資対象だと思われます。

 

-アルトコイン一覧

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.