ネム(ゼム)(XEM)

更新日:

NEMの特徴

ネム(NEM)は2015年3月に公開されました。

元々はNew Ecomomy Movement(新しい経済圏の運動)という仮想通貨のプロジェクトから頭文字を取ったもので、通貨の単位はxemで表します。

分散型で自由な新しい経済圏を作ろう、という理念のあるプロジェクトです。

ネムの発行枚数は8,999,999,999と決められていて、これらはもう既に投資家に配られたので、新規発行されることはありません。

ビットコインのようにマイニング(一定時間に一度、複雑な計算式を最初に解いた者に通貨が支払われる)によって発掘されるものではありません。

ネムの公式サイト(英語)

 

ネムの最大の特徴ハーベスティングとmijin

ネムの他にはない特徴は、ハーベスティングとmijinです。

まずハーベスティングとは何か説明します。

ビットコインがマイニング(採掘)によって報酬を得るものなら、ネムはハーベスティング(収穫)を行うことでxemを報酬として受け取ることができます。

ハーベスティングの方法は、NANO Walletをインストールして10,000xem以上を入れておくことです。

これで、どなたでも手数料としてxemを受け取ることができます。誰にいくら報酬が支払われるかは、ネムの利用頻度にもよるので、ネットワークに貢献しているユーザーが多くの報酬を与えられる、といってもいいでしょう。

次に、mijinについて説明します。mijinとは、国内の仮想通貨取引所zaifを運営するテックビューロの、プライベートブロックチェーンのことです。特徴はなんといっても、スピードの速さ、安全性、コストダウンの3本柱、ビットコインよりも性能が上がっています。

mijinを導入する企業の募集には、国内の大手の会社が手を挙げました。申し込みした企業は実に400を越え、ブロックチェーン技術の有効活用が期待されます。

 

ネムを保有するメリット

やはり一定数以上のxemをウォレットに入れておくだけで、手数料をいただけるのが大きいです。2018年1月の時点で1xemが100円程度、時価総額は第9位につけています。

ネムにはカタパルトという、大きなアップデートが控えていることも、将来の価格向上を期待されている要因になっています。カタパルトが実装されることで、情報処理の速度も格段に速くなります。

 

ネムを取り扱う取引所

国内でネムを購入するには、現在はzaifが取り扱っています。2018年1月にはDMM Bitcoinでも取り扱いが始まりました。コインチェックの再開が待たれるところですね。

Zaif Exchange(ザイフ)

Zaifの手数料 Zaifは日本の仮想通貨取引所の中では手数料が安いと評判です。 ビットコインに至ってはmakerが-0.05%、takerが-0.01%というマイナス手数料を採用しており、取引するご ...

続きを見る

DMMビットコイン

DMMビットコインは今月(2018年1月)から新規口座受付が始まったばかりの仮想通貨取引所です。どのような特徴、メリット、デメリットがあるのでしょうか。   ■DMMビットコインの特徴 今月 ...

続きを見る

 

-アルトコイン一覧

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.