ジーキャッシュ(ZEC)

投稿日:

 

ジーキャッシュの特徴

ジーキャッシュは2016年に公開された比較的新しい仮想通貨で、ビットコインによく似た作りをしながらも、ビットコインの欠点を補ったものとなっています。

単価は三万円以上と比較的高いですが、時価総額は上位二十位に入っていません。

公開直後は凄まじい成長を見せ、時価総額十位の大台にも乗ったのですが、仮想通貨の発行量がそれほど多くないことなどから成長はその後落ち着いたものとなっています。

値段は緩やかな上昇傾向にあり、今後の成長は期待できます。投資の対象としてだけではなく、PCを使ったマイニングの世界でも稼げるということで評判の仮想通貨の一つです。

 

ジーキャッシュは匿名性が最も高い

ある程度の知名度と時価総額を持つ中で特に匿名性に優れた仮想通貨は三つあります。モネロ、ダッシュ、そしてジーキャッシュです。

そしてその中でも、ジーキャッシュは取引における匿名化を一部ではなく全てで行う唯一の仮想通貨であり、匿名性は最も高いというのが通説です。

これによりジーキャッシュは、どんな仮想通貨のプログラムに関する知識を持つ人であってもその取引内容を読まれることがなく、個人情報を保護することができるのです。

ただし過剰な匿名性は一般の利用者にとってそこまでメリットの無いものであるので、これを比べることに意味があるのかといった議論もインターネット上などでは行われています。

 

ジーキャッシュの買い方

ジーキャッシュは日本の取引所ではコインチェックのみの取り扱いであったため、そこが現在ストップしている以上日本の取引所においての購入はできません。

もっとも、コインチェックがあった当時も取引手数料が高いことから海外の取引所がお勧めされていたため、良い機会ということで海外の取引所へ登録をしてしまうのも良いでしょう。

まずお勧めはクラーケンで、なんとサイトに日本語表記があるので登録なども日本語で行え英語が苦手な人でも安心です。

ただし流石に全てを日本語と円で行えるわけではなく、英語を読みドルを入金しなければならない場合もある点は注意してください。

それ以外では、いずれも完全に英語の取引所ですがポロニエックスやバイナンスがお勧めです。どちらも世界有数の巨大取引所で、セキュリティへの取り組みがしっかりしており安心感があります。

また、多くの人が利用しているだけのことはあり手数料が極めて安くスプレッドも狭く、仮想通貨取引を非常にお得に行うことができるでしょう。

 

-アルトコイン一覧

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.