オーガー(REP)

投稿日:

 

オーガー(REP)は未来予測市場をターゲットにしているのが特徴です。オーガーは『占い師』という意味で、未来に起こるであろう出来事を予測し、『実際に起きるか起きないか』『複数の候補からどれが実現するか』といった具合に賭けの対象にすることができます。賭けが当たれば報酬をもらえ、外れれば掛け金が没収されます。

単純なギャンブルではなく、マーケティングなどの分野にも生かせる仮想通貨として注目を集めています。

 

○未来の出来事を予測して賭けにできる仮想通貨

オーガーの最大の特徴は、未来に起きる出来事を賭けの対象にできることです。何を賭けにするかは自由で、オーガーを保有する人であれば誰でも発案ができます。特定の地域で『明日雨が降るか、降らないか』といった賭けも成立します。賭けに参加する場合はオーガーで手数料を支払います。賭けに勝てばオーガーが上乗せされてかえってきます。賭けに負ければ手数料は没収されます。誰も予測出来ない未来に賭けるからこそ、公平な賭けが成り立つ可能性があるのです。

払い戻しがどの程度になるかは、オーガーのシステムで自動的に計算されます。

『YESかNOか』といった単純な賭けだけでなく、『サッカーや野球でどのチームが優勝するのか?』『大統領選で誰が当選するのか』といった賭けも成立させることができます。

 

○保険やマーケティング分野でも注目を浴びている

オーガーは単純な賭けごとではなく、保険やマーケティングの分野で注目を集めている仮想通貨の一つになっています。これは、何年後に健康か健康ではないか、といった形で賭けを展開すれば、保険に加入しなくても自分で掛け金を貰える可能性があるためです。保険会社を挟まない分高額になる可能性があるだけでなく、保険会社が人員削減と合理化のために利用するケースも考えられます。

 

また、マーケティングの分野では『商品が売れるかどうか』を予測してもらうという方法もあります。オーガーは賭けの結果が正しかったかどうかをチェックする人が複数存在し、多数決で正解を決める仕組みになっています。賭けのチェックをする人はチェックを続けることで報酬を貰える仕組みで、誤まった情報を続けて流すと担保に預けたオーガーが没収されます。それぞれ報酬が絡んでいるからこそ真剣にチェックするようになっているのです。

 

商品が売れるかどうかの未来予測をおこなった場合、売れると思う人が多いのか、少ないのかといった情報がわかります。そのため、商品がどれだけ売れるかという目安に活用することが可能で、調査会社などにお金を払わなくても簡単に市場調査ができる可能性があるのです。

 

○法律に適合できるかが課題になっている

オーガーは保険の合理化やマーケティング分野での活用など、応用分野が広い仮想通貨です。将来性が有望であることから投資目的で購入する人も多く、時価総額が高い仮想通貨の一種になっています。国内取引所で取り扱いがあるのが『コインチェック』で、海外であれば『Poloniex』『BIttrex』『Kraken』などで購入することができます。

 

一方で、ネックになっているのが法律との適合性です。日本は原則的に賭博が禁止されていて、一部の公営競技を除いて賭け事をすること自体が法に触れる可能性が出てきます。賭博が禁止されている国でどのように活用するかはオーガーの大きな課題で、普及が進まない原因となりえるのです。

 

-アルトコイン一覧

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.