DMMビットコイン

投稿日:

DMMビットコインは今月(2018年1月)から新規口座受付が始まったばかりの仮想通貨取引所です。どのような特徴、メリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

■DMMビットコインの特徴

今月から新規口座の受付が始まったのでまだ評判や口コミはわかりませんが、前評判はかなり高いと言えます。DMMビットコインの最大の特徴は仮想通貨のFXができることです。

しかも、ビットコインだけでなくて他の仮想通貨でもFXができます。つまり、レバレッジ取引ができるので、少ない元手で多くの取引を行いハイリターンを狙うことができます。また、他の特徴としては法人口座を開設もできます。

 

もちろん、DMMビットコインはあのDMM FXの関連企業となります。DMM FXは国内口座数がナンバーワンですので、FXに関しては実績もあります。実績もあり、経営基盤もしっかりとしている企業がバックにいるので、安心して取引を行うことができます。

 

■メリット1-レバレッジ取引ができる

DMMビットコインの最大のメリットはレバレッジ取引ができるということです。しかも、その対象はビットコインだけでなく、リップルやネムなどのアルトコインでもできます。

ビットコインはすでに取引量が増えており、大幅な値動きが発生しにくいとも言われています。しかし、アルトコインはビットコインと比べてまだまだ値動きがあると言われていますので、アルトコインでレバレッジ取引できれば莫大な利益を掴むことも可能です。

 

また、レバレッジ取引の場合にはショート(売りポジション)から入ることも可能です。これまでのデータから言うと、ビットコインとアルトコインは相反関係になる場合が多く、ビットコインが上がるとアルトコインが下がるようになっています。

それで、レバレッジでショートから入っても、アルトコインなら値動きが掴みやすいので利益を得ることができます。このようにDMMビットコインでは元手が少なくても、大きな利益を上げることができる可能性があるのです。

 

■メリット2-スマホのアプリが使いやすい

DMMビットコインはスマホ向けに取引用アプリを準備しています。このアプリはDMM FXの流れをくむ作りとなっているので非常に使いやすく、直感的にスマホで取引を行うことができます。

実際、マニュアルがなくてもスマホだけで仮想通貨の取引を簡単に行うことができるようになっているのです。これなら、ストレスなくスピーディーに取引を行うことができます。

 

■デメリット-現物取引できる通貨が少ない

DMMビットコインでは現物取引できる通貨は今のところ、ビットコインとイーサムエリアの2種類だけとなっています。つまり、日本円建てでこの2種類の仮想通貨は購入可能ですが、他の仮想通貨の場合にはビットコイン建てとなります。

つまり、DMMビットコインはアルトコインのFX取引に特化した取引所とも言えます。それで、できるならば、DMMビットコイン以外にも国内の大手の取引所に口座を開設しておくと、日本円に替えたいというときに便利かもしれません。

 

-仮想通貨取引所

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.