パックマン(ナムコ)ファミコン

更新日:

パックマン

パックマン(ナムコ)は1980年代に流行った昔懐かしいゲームです。少し前から大流行していたスペースインベーダーより、BGM的にもキャラクター的にもどことなく可愛らしいと言う違いがありました。そのためスペースインベーダーと違い、女性の方でもプレーをよく楽しんでいましたね。

スポンサーリンク

プレイヤーは黄色で丸く、口をパクパクさせながら動くキャラクターを操作し、迷路にあるエサを食べていきます。迷路の中にはモンスターがうろついており、捕まらないように食べつくせば1面クリアです。エサを食べるごとに得点が増えていき、10000ポイントで1アップします。全部で20面ありクリアするごとに難易度が上がっていきます。通常は主人公である黄色のキャラクターよりモンスターのほうが強いです。反撃することができないため逃げ回らないといけないです。しかし迷路の中には通常より大きめのエサがあり、このエサを食べると形勢逆転しモンスターより強くなります。このときはモンスターを食べてやっつけることができて痛快です。買収を仕掛けてきた相手に対し買収し返すパックマンディフェンスと言う証券金融用語がありますが、このパックマンが由来となっています。パックマンに登場するモンスターは色違いで4種類あります。赤色、ピンク、オレンジ、青色とありモンスターによって動きの特徴に違いがあります。赤色は黄色のキャラクターを追いかける役回り、ピンクは待ち伏せする役回り、青色は動きを読みにくくする役回り、オレンジは追いかけずに退路を断つ役回りがあります。これらのモンスターの特徴を事前に把握しておくことが攻略の鍵となります。通路が一つだけと言う場所で2つのモンスターに挟まれてしまうともう逃げられないです。迷路の4隅も挟まれやすいので注意が必要です。直線より角のほうがモンスターの動きが鈍いため、角を上手に利用すると逃げやすいです。形勢逆転するエサの前で待ち伏せし、囲まれそうになったときに食べてモンスターを食べてやっつけると言う攻略もあります。その代わりに無敵状態は一時的のみ、すぐ元に戻ってしまうため逃げに転じるタイミングが重要ですね。黄色のキャラクターはゲーム当初に数機あり、全てやられてしまうとゲームオーバーです。なるべく増やしてから難易度の高い面を迎えたいところですね。当時は何回もプレーしましたが、6面までしかクリアできませんでした。仕組みが単純なゲームとは言え意外と難しいと言う点が面白いですね。黄色のキャラクターがやられてしまったときのBGMが何だか悲しいのを今でもよく覚えています。

-ゲーム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.