アトランチスの謎(サンソフト)

投稿日:

アトランチスの謎

アトランチスの謎、このゲームは名作でもあり、クソゲーでもあると言えます。

スポンサーリンク

アトランチスの謎攻略

このゲームの目的は全100ステージをクリアし、エンディングを目指すというものです。100ステージと言っても、1から階段のように2,3,4…と行くのではなく、入る扉によっては1から9に飛んだり、さらには9から7に下がったりと、ワープ的要素が裏技を使用せずとも普通にあります。

アトランチスの謎最速!最短コース動画

ですので、攻略ルートさえつかんでしまえば、10ステージくらいをこなすだけで、100ステージ目にたどり着きエンディングを迎えることができます。そのエンディングもエンディングというほどのものではありませんがこれは、実際にゲームをプレイしてみて、見てみるのが良いでしょう。

BGM

アトランチスの謎はBGMはとても優秀です。思わずテンションが上がってしまう曲がそろっています。

アトランチスの謎では、主人公が爆弾を使用して、敵を倒すのですが、この爆弾がいまいち操作性が悪いのと時限式ですので
うまく敵が来るタイミングで設置をしないと効果がありません。そしてその敵の中で最も特徴的なキャラクターと言えば、1面から出現する鳥です。この鳥は糞を降らせ、主人公に攻撃をしてきます。当たると一発でアウトです。
なんともシュールな攻撃方法が印象に残っています。

ゲームの見た目はスーパーマリオのようですが、マリオのようにかわいい敵キャラではなく、前述の鳥であったりゾンビであったり、なぜか地中から飛び跳ねる魚であったりととても愛せない敵キャラばかりです。
ちなみに当時はマリオを超えるアクションゲームというのがメーカーとしての売りポイントだったみたいです。

トラウマになる42面ブラックホール

アトランチスの謎の中で一番印象に残っているのが、42面のブラックホールです。
真っ黒のフロアで主人公が落下していき、何もせずにやられていく、まさにトラウマとも言えるフロアです。このフロアに入ると回避はできないので、ゲームオーバーを迎えるしかありません。子供の頃にやった時は、思わずコントローラーを投げたくなりました。

やりこみマップ作り

もし、アトランチスの謎を今やるのであれば、すべてのフロアを隅々まで行き、マッピングまでしてやりこんでしまうというのが一つの醍醐味だと思います。自分の中の思い出としては、とにかく先に進めない、扉がどこにあるのかわからないという思い出があります。

今のようにインターネットに攻略サイトがあるわけでもなく、またこのゲームをやっている周りの友達がいなかったので自分と兄とで必死に小学生ながらも、エンディングを目指していた記憶があります。当時かなわなかったことも、今であれば攻略することは可能ですので、小学生の頃の忘れ物を取りに、とにかくエンディングを目指してクリアするというやり方でも自分としてはありかもしれません。

 

-ゲーム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.