ファミコン版初代ロックマン(カプコン)はお手伝いロボだった

投稿日:

ロックマン

世界征服を企むワイリーというキャラクターを倒す目的を持ったロックマンが、6体のロボットを倒して基地に侵入して、最終のボスのワイリーを倒して世界の平和を取り戻すストーリーの流れになっています。

スポンサーリンク

ワイリーのBGMが特徴的

工事現場の作業員をモチーフにしたロボットのキャラクターなどが特徴的で、岩や爆弾などの武器でロックマンを攻撃します。ワイリーのステージや各ロボットのBGMは凛々しさが溢れている音楽を全面的に表現していて、ロックマンや敵のロボットが倒された時の音はネット上などで有名になっています。

ロックマンがステージのボスを倒すと、ボスが使っていた武器を入手できる事が特徴です。種類によって他のボスに有効的な武器があって、有効的な武器を他のボスを使えばロックバスターを使わないで楽に倒せます。

カットマンでエレキマンを倒す

例えばカットマンというボスが使っていた武器をエレキマンに当てると、数発当てるだけでエレキマンが倒せるので、有効的な武器を活用すれば時間を掛けないで攻略できます。ファミコンのコントローラーにあるセレクトボタンを押せばゲームが停止しますが、セレクトボタンを連打しながらボスに貫通する武器を使えば楽にボスが倒せる裏技があります。

各ステージのグラフィックは綺麗な背景で構成されていて、アイスマンのステージは地面が氷に覆われていて滑りやすい事が特徴です。水が存在している事も特徴で、水の中に入れば極端にジャンプ力が上がります。ボスのキャラクターが出す武器はカッターや電気の塊などをリアルに再現していて、武器によって特徴的な動きをする事が面白いです。

もとはお手伝いロボだった

主人公のロックマンは元々は博士のお手伝いのロボットとして活躍した経歴があって、世界を悪から守る為に戦闘用に改造したという設定があります。太陽からのエネルギーを吸収して動く事が特徴で、敵からダメージを受けた時はエネルギー缶というアイテムを使えば全快するシステムになっています。基本の武器は豆鉄砲のような玉で、ボスを倒した時に手に入れるチップを体内にセットした時に武器を可変させてくれるシステムが備わっています。

ロックバスターだけで倒す

やりこみの要素として、全く敵の武器を使わないで最終のボスを倒す事も可能です。ロックバスターだけで敵を倒す事で難しいというイメージが強いが、多くのボスのキャラクターは動きがパターン化されているので、動きのパターンを掴めばさほど苦労しなくてもロックバスターだけで倒せます。慣れれば敵の武器を使って倒す事が簡単なので、面白くプレイする為にロックバスター以外の武器を使わないでクリアする事を目指します。

-ゲーム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.