ある意味神ゲー?ゲームボーイのクソゲーまとめ14個

更新日:

革命的だった任天堂のゲームボーイ。今では当たり前だが、持ち運んで遊べるのは夢があった。

そんなゲームボーイにはクソゲーがたくさんあった。クソゲーをアンケートしてみた。

スポンサーリンク

ゲームボーイクソゲーリスト

ボンバーマンGB(ハドソン)

ボンバーマンGB

ボンバーマンシリーズ、爆弾で敵を倒して最後まで勝ち残る、すべてのステージで全て同じ。変わるのは敵とステージ場所のみ。レベル表示のみ変わり何回も全く同じステージを繰り返した場面。本当につまらなく嫌気がさしながらプレイしてました。

人生ゲーム伝説(タカラ)

人生ゲーム伝説

目的:人生ゲームで1位を狙う

なぜクソゲーと感じたか:CPUがアホすぎてすごく時間がかかる。イベントマスで選択肢が出たら絶対に「はい」を選ぶ仕様になっていて、傍から見てると無駄!と思わされることばっかり。
特に記憶に残ってるシーン:イベントマスでお金が貰えたときに、金袋が上からドサッと落ちてくる。気分が良い。

ミニ4ボーイ(J・ウイング)

ミニ4ボーイ

ミニ4ボーイというゲーム、買って一週間も使わず売りました。かなりのクソゲーです。画面が非常に見にくいのでなんのゲームをしてるのかわからない。レベルを上げてマシーンを強くしていくゲームだからその意味を感じられないゲーム。なのに続編も出ている。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記(コナミ)

遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 遊戯デッキ

このゲームは主人公が決闘者(デュエリスト)となって様々な決闘者と決闘をしながらカード収集を進めていき自分のデッキを強化していくという物語です。当時放送されていた同作品のアニメに沿った展開になっており「もし自分があの世界に入れたら」という夢を叶える事が出来るため遊戯王好きであれば楽しめる内容となっています。

ただ、このソフトはバージョン別に3本に分けて発売されているのですがこのソフト間でのカードバランスが悪く特定のソフトに収録されているカードが強すぎてゲームバランスが崩壊しています。

また、このソフトには実際の遊戯王で使用できるカードが同梱されているのですがこちらはランダムに収録されているためカード目当てで買う人にとってはハイリスクな買い物となっている点もクソゲーたらしめている要因といえます。

エイリアン3(アクレイムジャパン)

エイリアン3(字幕版)

・エーリアンを倒して強くなるRPG??

・日本語がなしなので楽しさを感じられない。

・登場人物がしょぼい、RPGのスリルさ全くなし

タスマニア物語(ポニーキャニオン)

タスマニア物語

タスマニア物語というゲームが非常につまらない。1日プレイしてすぐ飽きて放置になりました。そのころつまらなさに話題になっていて話題のネタでした。一応RPGで敵を倒すゲームですが、全く記憶に残らないカスゲー。

ポケットスタジアム(アトラス)

1990年12月発売の「ポケットスタジアム」(アトラス)がクソゲーでした。そのゲームは、選手を直接動かすのではなく、選手に指示をして、選手が勝手に動くシミュレーションのようなゲームです。選手を直接動かせないので、ものすごくつまらなかった記憶があります。このゲームソフトはあまりやらないで、速攻売りました。

機動警察パトレイバー 狙われた街1990(ユタカ)

機動警察パトレイバー 狙われた街1999

1990年8月発売の「PATLABOR 狙われた街1990」(ユタカ)がクソゲーでした。あまり記憶はないんですが、クソゲーという記憶はあります。なんだかロールプレイングゲームなのかなんなのか分からないゲームでした。パトレイバーが好きで買いましたが、やってガッカリした記憶があります。

でんぢゃらすじーさん痛 ~怒りのおしおきブルース~(キッズステーション)

でんぢゃらすじーさん痛 ~怒りのおしおきブルース~

ゲームボーイアドバンス対応。タイトルは(2)だけど3作目。

目的は確か世界征服を目論む奴を倒す事でした。前作もやったのですが、はるかに操作性やシステムがわかりづらくなっていたのでブックオフで10円にもなりませんでした。
ポケモンの真似で対戦するのですが、「味噌」でノーリスクで一発で倒せたことです。

ストリートファイターIIゲームボーイ版(カプコン)

ストリートファイター2 (ゲームボーイ版)

格闘アクションゲームの金字塔。キャラを選んで勝ち進んでいくという王道ゲーム。
アーケードゲームをゲームボーイで再現するという無茶苦茶なレベルの移植。
操作性がすこぶる悪く原作の再現とはいかない。あらゆる点で劣化版といえる作品。
格闘ゲームでありながらフィールドが狭く、おおよそ対戦格闘ゲームというレベルじゃない。
そもそも狭い画面に2キャラを表示している為、逃げるスペース等がない。
スーパーゲームボーイ対応という事もあってフレーム画面がステージ連動になっているのは唯一評価出来る点です。

ちびまる子ちゃん おこづかい大作戦!(タカラ)

ちびまる子ちゃん おこづかい大作戦!

「ちびまる子ちゃん おこづかい大作戦!」(販売元:タカラ)は最強のクソゲーでした。
目的はプレイヤーが主人公のまる子となってお金を集めながら5つの品物をデパートで買い物するというものですが、
目的を達成するには10,000円以上集める必要があり、最初の所持金は30円。
貯金・所持金がなくなると即終了にもかかわらず、ゲームという名の要はギャンブルで運任せにお金を稼ぐ…といった
子供向けとは思えない内容で、買った人(買ってもらった子供)は喜べないゲームだったと思います。
特に印象に残っているのは、カード引きで丸尾君を引き当てると、即時貯金が半分になるという、丸尾憎しを抱かせられた点でしょうか。

SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ(バンダイ)

SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ

アニメガンダムから生まれたガンプラの外伝のナイトガンダム物語のRPGってだけで無茶苦茶な感じがします。
が、ゲーム性は普通のRPGであり、ナイトガンダムを知っている人ならば面白いと感じると思います。
が、初めてプレイした時はまったくナイトガンダムを知らなかったので、普通のRPGをやっている感覚でした。
しかも生身のアムロも普通に敵キャラと戦ってるし、やっぱり無茶苦茶ですな。

ドクターマリオ(任天堂)

ドクターマリオ

クソゲーというのか、買ったゲームボーイソフトですぐにするのを投げ出したのが当時結構流行っていたドクターマリオです。上から薬のカプセルが落ちてきておなじ模様を揃えて消していくというこのゲーム。テトリスの様なパズルゲームでこの作業が失敗しなければ、エンドレスに続くゲームは自分にとっては何でこのソフトにお金を掛けて買ったんだろうと疑問しか沸きませんでした。唯一良かったのは、自分がやらないので母にこのゲームを薦めたところ、何故か物凄くはまりプロ級に上手くなり喜んでくれた事です。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4最強決闘者戦記(コナミ)

遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 遊戯デッキ

遊戯デッキ・城之内デッキ・海馬デッキ

遊戯王デュエルモンスターズシリーズ第4作目。初の3バージョン同時発売のゲームで、遊戯・城之内・海馬デッキがそれぞれ発売された。各キャラが原作で使用しているカードをメインに使えるようになっている・・・はずがそんなことなかった。神のカードが使えるような触れ込みも空振りで、OCGや、原作のような物を期待したのに、なんかよくわからないオリジナルルールでまるで楽しくなかった。

その上、デッキ制限があって、完全オリジナルも構築できない(デッキの名を冠したキャラに依存)し、やりづらい印象しかなかった。一応、検索お馴染みのキャラたちと対戦をして、カードを集めて、ラスボスのペガサスを倒すのがストーリーのようなんだけど、上記の「制限」のために思うように組めないし、コストの問題もあってイライラするとこばかり。

せっかくゲットしても使えない(使用自体が不可)とか、調べてみるとそもそも入っていない(ロムによる?)とか本当にひどい仕様だって!たしか、海馬デッキだったと思うんだけど、あの海馬の圧倒的なドラゴンデッキじゃなし、火力弱いし、なんかもう、落とし穴作る人(カード名忘れた)で「硫酸の溜まった落とし穴」ばかり作ってた記憶しかないわ(笑)まぁ、元々が「FF11」のオールインワンをヤフオクで落とした時におまけで付いてきたものだから良いっちゃ良いんだけど、おもんなかった~(笑)

 

-ゲーム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.