ドラクエシリーズで好きなタイトルはどれ?ドラクエ3はやはり伝説だった

更新日:

ドラクエ3と4が人気高し!好きな理由はBGM?キャラクター?ストーリー?

色々あるけどみんなが好きなドラクエ、ナンバリングタイトルの中でどれが好きかきいてみた。

スポンサーリンク

ドラクエ3派はBGM

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ

私の好きなドラゴンクエストは3です。
一番の理由はBGMです。
戦闘シーンのBGMがすごくカッコイイんですよね。
通常戦闘シーンもとても良いんですが、最後のゾーマ戦のBGMは鳥肌物です。
最初はファミコンのドラゴンクエスト3をプレイしましたが、SFCで出たリメイク版も即購入したほどです。

次に仲間を自由に選べるというルイーダの酒場システムです。
当時他のRPGっていうのは、主人公キャラは固定でした。
ドラゴンクエスト1や2もキャラは固定でしたし、職業選択の自由もありませんでした。
しかしドラゴンクエスト3は自分でPT編成を出来るので、人それぞれのPTを作れたんです。
オーソドックスな編成で言えば主人公(勇者)・戦士・魔法使い・僧侶といった所ですが、勇者・武闘家x2・僧侶っていう編成も十分アリなんです。
当時の武闘家は装備出来るものが少なかったですし、攻撃系ステータスが高いので少々装備が悪くても進めるんです。
こんな感じで自分なりに試行錯誤、苦労して先に進んでいく楽しみっていうのが他のRPGよりも強くてとても楽しめたので、一番お気に入りの作品なんです。

私は女ながらドラクエが大好きです。父親の影響で幼稚園児の頃からやっていました。 

私の好きなドラクエは、なんといっても ドラクエⅢです! ストーリーはもちろん、パーティーの職業を自分で選べるシステムの導入、 そして何よりも転職システムと、 その後のドラクエの基本的なシステムの基礎になったと思える作品で、 そのゲーム性が好きで、よくやり込みました。 特に好きなシーンは、やはり最後のゾーマまでの道のりですね。 ゾーマまでの戦いの前に、3人のボスと戦わなければならない、 難しさ、やり甲斐がありますよね。 そしてこの作品から、はぐれメタルが出始めましたね。 このモンスターが好きで、出るだけで、その戦闘が熱くなります! 最後にプチ自慢ですが、 遊び人パーティーで、ダーマ神殿まで言ったことですね。 それまで何回、やり直したか!? 苦労したパーティーなだけに、ちょっと自慢ですね。
好きなドラクエタイトルはドラゴンクエストIII そして伝説へ…です当時自分は中学生1年だったと思います。その作品を好きな理由は自分がこのゲームを買ってもらったのはやはり絵がかわいい、ゲームオーバーが無い。ロールプレイングて何?て感じだった。それと社会現象にもなった、「前日からの並んででも買う」てのが大変、あの時の日本を象徴してたと思います。その作品の中で特に記憶に残っているシーンはやはり最後のエンディングシーンです。好きなキャラクターとその理由、遊び人てキャラクターが面白かったです。遊び人にリアルでなったらアカンと思ってました。なんかスポーツ勉強できない自分がゲームをすることでなんか満たされていました。
私が好きなドラゴンクエスト作品は、なんといっても3「そして伝説へ」です。ドラクエシリーズは、1から3までがプレイキャラクターに特定の設定(名前や性格など)がないためにキャラメイキングの自由度が高く、特に3は勇者以外の職業が自由に選べたので(スーパーファミコン移植版からは性格も選べます)、当時の自分の好きな漫画やアニメのキャラクターやバンドのメンバーなどをあてはめてプレイしていたことが楽しすぎます。現実の世界地図をモチーフにしたフィールド配置や「日本・・・ジパング」「カザフスタン・・・カザーブ」「イタリア・・・ロマリア」など、にんまりとするような国名も楽しく、ちょっとした世界旅行を楽しんでいるような気分でした。おかげで、世界地理も少し覚えられたような気がしています。地理の暗記が苦手な人は、ドラクエ3をプレイしてみるといいかもしれません。 初代ドラクエは勇者の一人旅、ドラクエ2はその勇者の子孫たちのストーリーであるということが事前に分かっていたのですが、ドラクエ3の最大の感動シーンは「最後の最後に、実はこの主人公が勇者ロトなのだということが判明する」というところにあります。それまでも壮大なドラマがあったのですが、初代からドラクエをプレイしてきたファンにとっては、この結末は何よりの衝撃だったことでしょう。もしかすると、当初ラスボスと思われていた魔王バラモスを倒した後にたどり着くことになる「アレフガルド」と、その地でのBGM(初代のフィールドテーマのアレンジ版)こそが、初代からのファンには「おや、これはもしや・・・」というワクワクした期待をもたらしたのかもしれません。そうすると、あの結末は「そういうことだったのか!」という嬉しい驚きでいっぱいのものになります。私がそうでした。あの流れは、本当に私の中の「ドラクエの血」が熱くなりました。 また、ゾーマの城での最終決戦のすさまじさは、特筆すべきものがあります。玉座の間で次々に現れては襲いくる強敵との戦いは、まさにギリギリでした。あのゾーマとの決戦のBGMも大迫力で、スーパーファミコン移植版は特にオーケストラアレンジバージョンが使用されていたので、さらに鬼気迫るものがあり、鳥肌が立ちます。さすが大魔王、真のラスボスとしての存在感も、強さも、BGMのカッコよさも、どれも圧倒的でした。 ストーリー上、特に好きなキャラクターは・・・というと、選べないくらいに魅力的なキャラが多いのです。竜の女王の城のネコが「にゃーん?」と話しかけてきて、「はい」「いいえ」のコマンドから「はい」を選ぶと情報を教えてくれるのも、可愛くてお気に入りです。あの小悪党カンダタも、性懲りもなく悪事を働いては主人公たちの前に現れては「あ、またこいつか」というほほえましい気持ちにさせられてしまいます。ミステリアスなイシスの女王様も素敵です。そして何よりも、自分が育てた唯一無二のキャラクターたちへの愛着!そのキャラたちが、「ここは私たちに任せて、早く逃げるんだ!」などのセリフを要所要所でランダムにしゃべってくれるのも楽しかったですね。 とにもかくにも、ドラクエ3は私にとって「何から何まで自由に楽しめるファンタジーRPG」の醍醐味を魂に刻み付けてくれたゲームになりました。それ以来、似たようなシステムを持っているRPGを探しては発掘してプレイするという日々を気の向くままに過ごしております。ああ、私もこうして語っているうちに、またプレイしたくなってきました。
勇者一人プレーをやったもんです。経験値が4倍になるのと装備が一人分でいいのでお金があまりかからない、結構いけちゃう。ザキ以上に麻痺が怖い。逆に呪いとバシルーラは怖くないっていう。

アリーナとピサロ人気!キャラが印象強いドラクエ4

ドラゴンクエストIV

ドラクエ4が大好きです! オムニバス方式で物語が進んでいき、個々のキャラクターにストーリー性がきちんとある事が良いですね。 ピサロを想ってロザリーが涙をこぼすシーンはこちらまで泣いてしまいます! 一番好きなキャラはピサロ!かっこ良い!強い! そして人間を滅ぼす事に決めたきっかけがロザリー、という所がまたせつない。 リメイク版でピサロが仲間にできた時は本当に本当に感涙ものでした!! プレステ版の5章では先頭を誰にするかでフィールド曲が変わる、という演出がなかなか憎い! でも毎回アリーナ章の曲が好きで、アリーナを先頭にしちゃいます! 滅茶苦茶名曲! すぎやま先生本当に最高です!! もちろんドラクエ4も!!
10以外はすべてプレイして、どれも大好きなのですが、特に好きなのは4ですかね。5つの章にわかれていて、それぞれのキャラを主人公にしてプレイすることによってキャラクターへの思い入れが増して、のちにその全員が集うという楽しさがあります。
4は小学生のときにやっていて、まだRPGのコツを掴めていないままプレイしていたのでひとつひとつをクリアするのになかなか苦労しました。特に1章のボスを倒すのに悪銭苦闘しましたね。レベルをどれだけあげても全然太刀打ちできない・・・しかしそれもそのはず。ボスのいる塔にはじゃのつるぎという攻撃力がかなり高い武器が入った宝箱が眠っているのですが、それを入手せずブーメランで挑んでいたのですから。ボスを倒せたときはレベル20近くになっていました。1章としてはかなり高いレベルだと思われます。倒せたときは本当にうれしかったですね。新しい世界が開けた気持ちでした。4の中で一番心に残っている場面です。
4で一番好きなキャラクターはアリーナです。かわいい女の子なのにとっても強い!なのにお姫様!お姫様という響きに女の子はめっぽう弱いのです。戦力としてもすごく頼もしいですし。終盤になるとかいしんのいちげきを連発してくれて、ボス戦やメタルキング狩りで重宝します。
ファミコン版の4には裏技のようなものがいくつかあるようで、これは実際に利用していた技なのですが、5章のラスボス、デスピサロ戦で、「にげる」のコマンドを8回選択すると(もちろん逃げられずとりかこまれてしまいます)、それ以降の味方の攻撃がすべてかいしんのいちげきになるのです!何人か犠牲は出てしまいますが、この技はかなり役に立ちました。

女性に人気高いドラクエ5

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラクエの中で好きなのはVです。なぜなら、いろんなモンスターを仲間に出来るからです。ようがんまじんとの闘いでギリギリのレベルのとき、勇者や仲間のモンスターが倒れ、ばくだん岩2匹だけになりました。その2匹も倒れる寸前、1匹のばくだん岩にメガンテを唱えさせ、見事にようがんまじんを倒せました。その後もキラーマシンやグレイトドラゴン等が役に立ったので、ストーリーを進める一方で、どんなモンスターを仲間にすれば戦闘を有利に進めることが出来るのか?という楽しみが出来ました。  この作品の中で印象に残っているのは、幼馴染のビアンカと資産家の娘のフローラか、どちらと結婚をするか?というイベントです。これは迷いました。電源を一度オフにして考えた末、ビアンカにしました。スーパーサイヤ人のように子供たちが金髪になるので何だか強そうな気がします。こんな立派な子供を産んでくれるので、好きなキャラはビアンカです。もし主人公が選んでくれなければ、山奥でひとり寂しく余生を過ごすらしいので迷いはしましたが、ちゃんと選んであげて良かったです。  これはネタですが、幼少の頃に主人公は6歳でビアンカは8歳。ということは、ビアンカは結婚すると姉さん女房になるってことですね。幼馴染という関係だので、ずっと同じ年だと思っていましたがどうやら違ったようです。  さらにモンスター最強のエスタークですが、DS版だとプチタークという可愛らしいモンスターとして登場するらしいです。これはきっとSFC版でプレイした人のためのファンサービスですね。
ドラゴンクエストの中だと5が一番好き。当時としてはとても面白いシステムが多かった。 なかでもモンスターを仲間にできるシステムが良かった。仲間モンスターが個性的で面白いし、やるたびにパーティ編成が変わって、何回でも楽しめた。 キャラはパパスが好き。お父さんとして頼りがいがあるし、ちょっと抜けてるところも良いキャラしていると思う。 だからこそパパスが殺されてしまうシーンは今でも泣きそうになっちゃう。何とかして助けられないかなぁ・・・ そういえば子供時代のレヌール城を攻略するところで、関所や港にいけるのは子供のちょっとした冒険みたいで面白かったなあ。

少数派かドラクエ2

ドラゴンクエストII

地味だけどドラクエ2って結構面白いんだよね。ドラクエとしては難易度が高いけど、その分戦闘に緊張感があるし戦略性がある。 三人旅というのもよかった。一番弱いといわれているサマルトリアの王子でさえ死んでしまうときつかった。だからこそかけがえのない仲間という感じがした。 まぁ、サマルトリアの王子は仲間にするときにいろんな場所をたらいまわしにされるからあまり好きじゃないんだけどね。 三人の中ではやっぱり王女が好きかな。紅一点なのもあるけど、呪文が強くて頼りになるし可愛いよね。 そういえば戦闘の厳しさと合わせたのかわからないけど、BGMはなんか悲しげというかちょっと切ないBGMが多かったね。それも雰囲気に合ってて良かった。

ドラクエ7

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

私の好きなドラクエはずばり「7」です。フリーズが多いとか石版探しが面倒臭いとかストーリーが長いとか色々言われていますし、確かにその辺の文句は同感なのですが、それでも7が一番好きです。 どうしてかというと、町で起こる物語の中身が濃くて、まるで短編小説を読んでいるかのような気分になるからです。主人公達が介入すると、普通なら大抵のことはハッピーエンドになりますが、ドラクエ7では全部が丸く収まらないほろ苦い結末を迎える話も多く、だからこそ良い結末を見ると非常に嬉しくなる。その緩急の付け方が好きですね。 記憶に残っているシーンは多すぎて困るのですが、やはり「エリー」と「レブレサック」でしょうか。7をプレイしたことのある人ならピンとくるでしょう。 エリーは機械人形です。そのため、自分の製作者が死んでしまったことに気付かず、早く元気になってほしいからとスープを作り続けます。その健気さにもウルッと来てしまうのですが、ストーリーを少し進めた後、もう一度エリーのいる小屋を訪ねると、彼女は動かなくなっているのです。製作者の白骨死体のそばで、どこか満足そうに。恐らくエリーは幸せな最期を迎えられたのでしょう。そう信じたいです。 レブレサックは町の名前です。こちらは7のプレイヤーのほとんどが「嫌な村」だという印象を受けるでしょう。もともと排他的なところがあるのですが、ある時、ふとしたことからこの町で過去に起きたことが記されている板が見つかります。しかしその内容は、現在村に伝わっているものとはまったく異なる内容でした。それを知った村長は「こんな物があってはいけない」と、真実の書かれた板を壊してしまうのです。 ただでさえ村人達の態度が良くなく、あまり良い印象を受けない村だというのに、とどめがこの真実の隠蔽とあって、憤るプレイヤーも多かったと思います。ですがしばらくして再プレイをしていた時、ふと村長の立場となって考えてみると、村長も苦渋の決断だったのでは? と思うようになりました。村を統べる者としては、真実を伝えるべきではあるが、同時に公表したら村がどうなるかも考えなければなりません。村人達が長く伝えてきて、ずっと信じてきたものを、今更嘘だったと告げるのです。それは彼らを支えている世界を壊すのと同義になります。この真実が書かれた板を村長に渡すのは主人公達なのですが、この時の村長にとって主人公達は、ある意味魔王より恐ろしい存在だったに違いありません。 最終的には、村の子供達だけは真実を知り、必ず後世に伝えると決意を固めてくれます。ほんの少しだけでも希望が見えたのが救いでしょう。 好きなキャラクターは「マリベル」です。パーティーメンバーの一人で、主人公の幼馴染みでもあります。彼女はとにかく毒舌です。気の強さと相俟って、二言目には何かしらの文句が飛び出してきます。しかし根は決して悪い子ではありません。口は悪くともその発言は要所要所で真理を突いていますし、花の種を拾っていたり、亡くなった人を悼んだり、家族を心配したりと優しく女の子らしい一面も持ち合わせています。そのギャップが魅力です。 個人的には作中のBGMも好きなものが多いです。7のストーリーは過去と現在を行き来するのですが、過去に着いたばかりだと、大抵何かしらの事件が起こっているのであまり明るい雰囲気ではありません。その時にかかるフィールド曲「失われた世界」が特に好きですね。物悲しい旋律ですが、どこか心地良くもあるメロディは、聞いていて落ち着いてきます。 賛否両論の激しい「7」ですが、今なら3DSでリメイクもされていますので、興味を持ったらやってみて下さい。

-ゲーム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.