人気の大長編ドラえもん(映画)の口コミまとめ!漫画が読みたくなる

更新日:

毎年泣ける!あなたの好きな大長編ドラえもんは何?きいてみた。

 

ドラえもんの映画の中では「ドラえもん のび太とブリキの迷宮」が好きです。(あえて1番とは言いません。すべて好きです。)
第一作目のドラえもん のび太の恐竜から見ていますが、ブリキの迷宮は幼いころに映画館で見に行き、オンタイムで見れたのでとても印象に残っています。
設定も深く、ロボットを使用し人間が楽をしているとだんだんロボットなしでは生きれないようになり、ロボットに街が乗っ取られてしまうというお話で、幼心に「本当にその通りだな」と思っていました。
またキャラクターがかわいくて、特にタップの口には何でも入れることができ、四次元ポケット以上の魅力を感じ、話し方含めとても好きでした。迷宮の中に迷ったときに、タップの口からハンバーガーを出してくれるシーンが好きです。
主題歌「何かいい事きっとある」もすごく好きで、当時のちょっと古臭い感じのテイストもまた良く、挿入歌としても話の展開が盛り上がっていくときに良いタイミングで曲が始まるので素敵です。
そして、その曲を歌っているのは、まさかの島崎和歌子さん!ちなみに作詞は安定の武田鉄矢。(ドラえもんの映画では常連です)ちょっとぶりっ子ぽく歌っているのがまたたまりません。
私はよく昔にドラえもんの映画を見に行って居ましたドラえもんが大好きです面白いですよ私はドラえもんを見ています 大好きですよ
私が一番好きな映画は、「のび太の宇宙漂流記」です。なぜ好きかというと、今の映画には無いワクワク感があったからです。当時は今よりも宇宙が身近ではなく、果てしない存在で宇宙については未知な事が多かったので、ワクワクしたからです。印象に残っているシーンが映画の中で、ドラえもんがどこでもドアを使おうとすると、宇宙なので使えないというシーンです。その映画を見るまで、ドラえもんの秘密道具である、どこでもドアが使えないというシーンを見たことが無かったので、衝撃的で印象に残っています。好きな登場キャラクターは、「リアン」という、登場する少年です。当初はドラえもん達を嫌っていましたが、しだいに仲良くなって、力強さを発揮していき、かっこいいと思ったからです。テーマソングがとても印象的でした。歌っていたSPEEDが大好きだったこともあり、余計印象に残っています。
ドラえもんのび太の宇宙漂流期が大好きです。幼いながらものび太のドラえもんを取り巻く友情、仲間のために全力で立ち向かう少年少女の勇気に尊敬の念を抱きます。相変わらず四次元ポケット欲しい、タケコプター欲しい。空気銃は警察に捕まります。でもいくつになってもドラえもん映画は大切なものを思い出させてくれます。
「ドラえもん のび太と鉄人兵団」 ・その作品を好きな理由 ほかの映画と違うのは、敵であるはずのリルルが地球人を捕らえて奴隷にすることに疑問を感じて、苦悩するシーンが多々見られることです。ドラえもんの映画では、敵キャラクターと味方キャラクターがはっきり分かれていることが多いです。そんな中で、この映画では、リルルは地球へやってきたスパイロボットです。そんなリルルは人間と触れ合うことで祖国に対してイ疑問を抱いています。自分で考えて何が正しいのかを考える映画はないと思います。 ・その作品の中で特に記憶に残っているシーン メカトピアの起源の時代で、祖先となるロボットの改造を手伝ったことです。そうすれば、人間を奴隷とするような競争社会ではなくなるという目的からでした。しかし、改造を実行すれば、リルル自身が最初から存在しなかったことになります。それにもかかわらず、地球の人間を守るために協力してくれました。 ・その作品に登場する中で好きなキャラクターとその理由 ドラえもんが好きです。 今までもドラえもんは秘密道具を使って活躍するのが当たり前です。しかし、ジェノ(土木工事用の巨大ロボット)の脳を自力で改造するシーンがありました。ドラえもんは22世紀生まれということもあると思いますが、工学的な知識・技術がすごいんだなあと改めて頼りになるキャラクターだと思いました。もちろん、ドジなところもかわいくて魅力的です。 ・ドラえもんに関するちょっとした自慢 ドラえもんの鈴には、2つの機能が付け替え可能です。普段は「ネコ集めの鈴」らしいです。しかし、故障中と言われています。 もうひとつの機能は映画「アニマルプラネット」で使われた「カメラ機能付き鈴」です。普通の人は絶対気づかないので、隠し撮りと言われても否定できない機能です。この機能が使われたのは最初で最後でした。
STANDBYMEドラえもんが好きです。ドラえもんとの別れを前に、自分の力で少し成長しようとするのび太が、ジャイアンに向かっていくシーンでは涙が出てしまいます。 主題歌を歌っていた秦基博も、のび太の視点で曲を書いたと言っていましたけど、成長しようとするのび太を応援してしまう映画です。
映画ドラえもんといえば小さいころから見て育った人も多いですよね! 毎年春休みの恒例行事として楽しみにしている方の多いのではないでしょうか。 どれもいいのですが、特に挙げるとしたら「のび太の大魔境」がおすすめ☆ 1982年に3作目として公開されました。 1作目はのび太の恐竜で白亜紀が舞台、2作目はのび太の宇宙開拓史で宇宙の彼方が舞台。 3作目ののび太の大魔境は初めて「現代の地球」に舞台があります。 これ以降いくつか現代の地球を舞台とする作品がありますが、どれもインパクトのある作品ばかりです。 のび太の大魔境をおすすめする理由としては、 ・ジャイアンがかっこいい ・ジャングルの中を探検するわくわく感 ・ひみつ道具の伏線が見事 ・出木杉の名セリフ「ヘビースモーカーズフォレスト!!」 など、いろいろありますが、 改めて見返してみて印象に残ったことがありました。 ・メインキャラクターである「ペコ」です。 本当はアフリカの奥地にある犬の王国の王子なわけですが、最初の場面は大雨の中を迷い歩き、ゴミ箱の中の魚を食べようとしてあきらめる、ぼろぼろの状態から始まります。 そして偶然のび太に出会い、アフリカを冒険することに。 旅がジャイアンの不機嫌で頓挫しそうになった時は地図を与えてやる気にさせ、ライオンに襲われそうになった時はホログラムを使って助け、ジャイアンが孤独を感じたときはそっと寄り添ってやります。 本当に健気な犬です。そして賢い。 でもペコの立場になって考えると、偶然アフリカの旅を夢見る少年たちに出会い、未来の道具を使えるドラえもんがいたこと、もうそれは奇跡のような運命でした。 本編中でも「ドラマチックな運命だなあ・・・」と言われていますが、本当は死んでもいてもおかしくないような状況からの大逆転。そりゃ必死になりますよ! 終盤、負けを悟ったペコはみんなを置いて一人で敵地に飛び込もうとします。 そこへ旅の途中ペコが支えたジャイアンが追いかけてきてペコを助けます。 ここの友情あふれるシーンを主題歌に合わせて映像だけで見せるところは間違いなくこの作品のハイライトですね。 誰かのために一生懸命やったことは必ず自分に返ってくるということを教えてくれるシーンです。 主題歌の歌詞の一説に「きっとみんなの心をあわせたら きっとぼくは弱虫じゃないよ」という箇所があります。 エンディングにこれが流れると本当に沁みるんですよね~。 別れも湿っぽくなく、後味さわやかな作品です。 ちなみに、ドラえもんを26年間演じてこられた大山のぶ代さんのあだ名は「ペコ」。 犬の「ペコ」を演じた清水マリさんが「私、ペコの役をやるの」と言ったときには、ドラえもんの役をやるのかと思い大変驚いたそうです。(笑)
「のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)」は名作です。 1993年、14作目の映画として公開されました。 これがなぜいいのか。 ドラえもん(機械)が無力になったとき、のび太たちがどう動くかを表現した映画だと思うからです。 「ドラえもんはのび太を甘やかしている。だから子供に見せると悪影響だ」という考えの方がいます。 もしかしたらこの作品は、そういった人を意識して作られた映画かもしれないなと感じるんですね。 ドラえもんファンとしては「ドラえもん」の世界観が広がってほしいと願っていますが、「ブリキの迷宮」はそのためにとても重要な役割を担っているような気がします。 初めからなんとなく暗い雰囲気でストーリーが進みます。 ドラえもんはのび太のおねだりにうんざりして怒っているし、パパの無責任な予約でのび太はバカにされるし、序盤でドラえもんが拘束されるし、大迷宮の入り口が超怖いし・・・ 中盤ではドラえもんが拷問を受けて壊れ、海底に捨てられます。のび太たちはドラえもんを助けるためなんとか奮い立つものの、ブリキン島は爆撃を受ける・・・ 小さいころこれを見た人は少なからず怖いイメージがあったのではないでしょうか。 私もありましたから。 ところで、そんな空気の中でドラ映画史上最も使用意図不明な道具が出てきます。 その名も「荷物運び用お荷物」・・・ 雇用創出の道具としてはいいのかもしれませんね(笑)。 ちょっとほのぼのできる場面です。 インパクトのあるキャラクターといえばなんといっても「ナポギストラー博士」。 だって名前の由来がナポレオン+チンギスハン+ヒトラー。 独裁者のお手本みたいな名前です。 終盤、ナポちゃん♪なんてのび太たちに言われてしまっていますが、高度な頭脳を持った恐ろしいロボットです。 チャモチャ星の皇帝となった彼は人間を閉じ込め、ロボットの世界を構築し始めます。 まあでも、こんなロボットを作ってしまった人間の愚かさというか、無神経さというか。 まるでドラえもんの出す道具のように便利なロボットたち。 そのロボットが人間を裏切り始めるんですから、ドラえもんの否定みたいなことですよね。 「人間の時代は終わった。これからはロボットの世紀が始まるのだ。」 というナポギストラーのセリフ。 現代文明と照らし合わせてみると、リアルで怖い言葉です。 それでも温かい感情を持つドラえもんはなくならない。 ロボット=悪ではなく、ロボットの良心としてドラえもんがいてくれることで、共存への工夫を考えることができるんだなと、見るたびに感じます。 極限の状況まで追い込まれても、人間もまだまだがんばりたい、がんばれるんだとのび太たちが教えてくれます。 エンディングで曲が流れると同時に、野比家で登山(ハイキング)に行く写真が流れます。 へとへとになりながらも弱虫ののび太が自分の体で山を登るというのが、映画の主題に対する答えになっているようで気持ちがいいですね。 同時上映だった「ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ」も作者の思い入れが伝わってくる素敵な物語だったので、93年の映画は丸ごといろんな人に見せたくなります。
タイトル:ドラえもん のび太の海底鬼岩城 好きな理由:夏休みの話なので、夏になると思い出します。       どこか行きたいけど、暑いし出かけたくない気持ちもある中、この作品はのび太たちが両方を満たしつつ、楽しく遊んでいるのが印象的でした。 印象に残っているシーン:大昔に滅んだ都市の自動報復装置を止めるために、皆で立ち向かうところ。             また、つんつんしていたキャラクターのバギーがみんなを守るために、捨て身でその装置を破壊したところ。 好きなキャラクター:エル。脱走したのび太たちが助けてくれたことに感心し、エルだけが彼らをかばったので勇敢ですごいと思ったから。 キャラクター声優について:あんまり気にかけないゲスト声優さんですが、水中バギーの声優さんは、三ツ矢雄二さん。              有名な野球アニメ「タッチ」の上杉達也役をされていた方です。              気付いてた方はいますか? 秘密道具について:テキオー灯。照射される光を浴びると、海底でも活動できる。          泳げない人でも海中に行ける、すごい道具だと思います。
私が好きな作品は「のび太と夢幻三剣士」ですね。
夢の中で冒険というワクワク感が素敵な作品ですが、これはどちらかというとホラー色の方が強い気がします。
作中のキーアイテム「気ままに夢見る機」に付いている「かくしボタン」。夢と現実を入れ替える効果があり、作中ではとあることがきっかけでこのボタンを押します。ですがこれ、よく考えると恐ろしいですよね? 考えてもみて下さい。今、こうしているこの時間が、次の瞬間には「夢」として消えてなくなってしまう……。何だか「胡蝶の夢」を連想させます。
このじわじわと現実に浸透してくる不気味さは、前向きに戦うのび太達によってあまり表に出ることはありません。冷静に考えるとこれって怖いことだよね? という要素が見えない部分に散りばめられている点が、この作品を気に入っている理由です。
印象的なのは、のび太達はこの映画の中で一度「死」を迎えていることです。後述しますが、のび太達は一回だけなら生き返られるようになっているのです。ですがそれがなければ確実に命を落としています。どの大長編でもピンチに陥ってはいますが、明確な死を迎えたのは「夢幻三剣士」が初めてです。
小さい頃は「生き返った-、良かったー!」としか思っていなかったのですが、改めてこのシーンを見ると、背筋がぞっとします。そういう意味で、一番記憶に残っているシーンですね。
好きなキャラクターは上述した竜でしょうか。竜の血を浴びると不老不死になれると言われ、大勢の人間に狙われていた竜は、自分の身を守るためにやって来た人間達を石へと飼えてしまいます。のび太達は知恵を絞って竜の力を失わせることには成功したのですが、やはり殺すのは嫌だというのび太の優しさから、血は諦めることとなりました。
それを聞いた竜はのび太達のことを気に入り、血の代わりに自分の汗を温泉に流してくれたのです。不死にはなれずとも、一度だけ生き返ることは出来る。これのおかげで、実際にのび太達は命拾いをしています。
殺そうとしていた相手の話を聞き入れ、代わりのものをくれる冷静な対応が長く生きてきた風格を感じさせてお気に入りとなっています。
ところで小ネタというほどではないかもしれませんが、この映画のラストシーン、のび太としずかちゃんが学校まで駆けていくシーンで終わりますよね? その時に映る学校の位置、思い出せますか?
はい、そうです。学校が何故か裏山の上に建っているんです。
作画ミスにしては大きすぎるミスですよね。映画を見た人達の間では、夢の影響が残っているのではないか? などといった考察が囁かれていますが、はっきりとした結論は出ていません(ちなみにこの場面、コミック版だとありません。のび太としずかちゃんが競争するコマのみで、学校は描かれていません)。
さらに解けていない謎はもうひとつあります。「トリホー」は何者だったのか、です。
敵か味方かで言えば敵側ですが、「夢幻三剣士」の世界にのび太が入る前から現実に干渉していたという点は不思議です。夢世界の住人なのか、何かしらのイレギュラーなのか……そこは視聴者の想像で補うしかないのです。
このように、絶妙なホラー要素を含みつつも、たくましく冒険していくのび太達を見るのがとても楽しい作品です!

-アニメ

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.