ヤンキーに絡まれた時もっとも早く無駄な時間から解放される方法

更新日:

ヤンキー風にケンカする男の二人組

今このページをご覧になっているあなたなら一度は経験あるだろう。この世で最も無駄な時間の一つ。そう、ヤンキーに絡まれたこと。てっとり早く事態を収拾して無駄な時間を短くする方法を説明する。

スポンサーリンク

最近はマイルドヤンキーなどという言葉もあるが、ここでは昔ながらのヤンキーファッションのヤンキーを想定している。内容としては、実際は見た目は直接関係ないのだが。。。

ヤンキーはなぜ絡んで来るのか

そもそもだがここを抑えておかないと間違った対応をすることになる。昨今ヤクザですら一般人に手を出すようなことはほとんどない。なのに、彼らはなぜ一般人にからんでくるのか検証したい。ここではヤンキーは一般人には含まれていない。

人が他人に絡む理由

ヤンキー以外でからんで来る人間はどういう人がいるか考える。

酔っぱらい

会社の上司

SNSで執拗にからむうざいやつ

好きな子をいじめる男子

 

相手が気になるから絡んでくるということがわかる気がする。絡んでくる人間の性質は、やはり相手が気になるということだ。

 

絡むということは、逆を言えば絡んで欲しいのだ。ここは重要なのだ。怒っているとかそういうことではない。

 

最速で事態を終了させる策

さすがに時は21世紀だ。おそらく「何見てんだコラ」レベルのからみはそうそう受けることはないだろう。(と信じたい)

オーソドックスなのは、体が触れてしまった。食べ物や飲み物がかかってしまった、などわずかでも直接的な損害を与えた場合。または、大きな声で騒いだなどこちらに非が多少なりともあるケース。他には、(誰もいなかったのに)順番を抜かした、彼女といただけでイチャついてんじゃねえ、といった、全くもって理解できないケース。

 

どちらにせよ最速でことを終わらせるための対応は決まっている。

 

それは、ひたすら「ごめんなさい」「すみません」を順番に言い続けること。

 

ここで重要なのは「謝ること」ではない。誠意や感情は必要ない。とにかくバカの一つ覚えで繰り返すこと。

 

誠意がねえんだよ!

 

などと言われる気がして心配かもしれない。しかし、これが最も有効なのだ。

特に、「最速で」処理するには一番だ。

 

「すみません」が有効な理由

まず謝罪の言葉を言っているという時点でさすがのヤンキーも一気に爆発ということにはならない。

 

思い出して欲しい、ヤンキーは絡んで欲しいのだ。何か反応して欲しいのだ。

 

ここで、謝っている。しかも、面白くもなんともない反応を繰り返している。

 

向こうは絡んでほしいのに、これでは面白くないのだ。

しかも自分が爆発するポイントもない。

 

性質によって多少の違いはあるがまあ5分もせずに、捨てぜりふを吐いて去っていく。

 

捨てぜりふは必ずはく。

絡まれた時に絶対にやってはいけないこと

逆にやってはいけないことを書いておく。

 

相手は理屈の通じる人間ではない!

ということを頭に入れておこう。

 

論理的な話はできない。

癇癪を起こした小さな子供だと思おう。

 

 

そこに、「そんなことはしていない」「謝っているじゃないか」などと言ってはいけない。

 

わけのわからない屁理屈がかえってきて相手が絡むポイントを与えることになる。

 

あなたに正義があることはわかっている。だからここはひこう。

この世で最も大切なモノ、それは時間だ。

 

この世で最も無駄な時間を早く終わらせるために、正論をいうのはやめよう。

一つ注意点

ここで書いた内容で8割方は解決する。

ただ、残りの2割。その中でもコンマ5割のヤンキーには通用しない。

 

それは、有無を言わさず殴ってくるようなやつだ。

 

これはどうしようもない。

 

もう頭がどうにかなっている。

 

会話が全く通じない。そういうやからはわずかにいる。

 

これはムリだ。とにかく警察へ駆け込もう。

 

ここで謝ればそのうちどうにかなると思ってはいけない。

 

ごめんなさい、連呼で通り過ぎていくのは何の覚悟もないちょっと頭の弱い連中だ。

 

何も耳に入らない振り切れているものが多少いる。

 

運が悪かったと思うしかない。カッコつけずにとにかく逃げること。

 

相手は失うものはないのだ。あなたは失ってはいけない。

-コラム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.