【星のドラゴンクエスト】上級職が実装されて仕事にならない

更新日:

地味にやっていた星のドラゴンクエスト。スマホゲームはやり始めると仕事にならないのであまりやらないようにしているがドラクエはついついやってしまう。ちょっと飽きてきたところだったのに転職システムが実装されてやる気急上昇。レビューというかやってみて思ったことを書いてみる。

 

上級職の条件は厳しくない

課金者は金さえ詰めばどうにでもなるので、無課金でやっているということを前提に書く。自分は本気出した時は課金するけど、やるなら高額を突っ込まないとソシャゲはほとんど無意味。あとちまちま遊ぶのが楽しいってことで。素晴らしいコンテンツにはお金を払うべきだと思っているのでそういう意味では課金してもいい。

 

前置きが長くなったが、上級職の条件は基本職2つをレベル50にすることとおなじみの悟りの書をもっていること。さとりの書はそれぞれの上級職ごとに持っている必要がある。

 

上級職の条件まとめ

  1. 上級職に応じた基本職を2つレベル50にすること
  2. さとりの書をもっていること

これだけ。

レベル50は簡単とは言わないけどのんびりやっていればそのうち上がっていく。レベル上げのこつは、ノーマルクエスト(ストーリー)をとにかく進めること。サブクエストは冒険ランクを上げてスタミナを増やすために少しずつやっておく。強いボスがところどころいるがジェムを使ってでもさっさとクリアしてしまおう。ストーリーを進めたほうが断然レベル上の効率が良くなる。

 

そして気になるもう一つの条件、さとりの書。これは、それぞれの上級職ごとに用意されたイベント、「職業神の聖堂」をクリアすれば良い。推奨レベル40で使用するスタミナも30とそれほどムリな条件ではない。基本職2つをレベル50がクリアできているなら星4つの武器防具でも十分勝てるレベル。ランダム的な要素があるかと心配していたが一つの職業につき一度クリアすれば確実に手に入る。全部のさとりの書を手に入れるためには7回、スタミナは合計で210必要だが実際のところ全部が必要な人多くないだろう。

 

上級職まとめ

バトルマスター 賢者 魔法戦士 パラディン
スーパースター 海賊 まものマスター -

 

早く上級職になるべき理由

実際にやって思うがさっさと上級職になるべき。まず、当然だが単純に強い。ステータスがかなり高いし下位職の弱点も補強されている。例えば、魔法使いはHPが少ないが賢者は少しHP高めなど。

特技も強い。基本職の職業専用スキルはいまいちぱっとしないものが多かったが、上級職は割りと高機能だ。賢者のザオラルなど使い勝手がイマイチなものもあるが・・・。復活した時のHPが一桁と非常に少ない上に、死ななければ使うことはないというじゅもん。雑魚戦ではあまりお世話になることはないだろう。

 

一番のメリットだが得意武器が多いこと。このゲームでは狙った武器を手に入れることはほぼ不可能。たまたま手に入る星5や星4の武器を大切に使っていくことになる。そうなると武器に職業を合わせざるを得ない。戦士をレベル上げていて、ツメの星5が手に入ったら武闘家にした方がよかったりする。レベルはがんばれば上がるけど武器は頑張っても手に入らない。そんなときに得意武器が最大6つある上級職は便利。少なくとも得意武器が5つはある。使い勝手がいい。

 

得意武器まとめ

バトルマスター:剣、オノ、ヤリ、扇、棍、ツメ

パラディン:ヤリ、杖、扇、棍、ツメ

賢者:ヤリ、短剣、杖、ムチ、棍

魔法戦士:剣、オノ、ヤリ、短剣、杖、ムチ

海賊:剣、オノ、ハンマー、短剣、扇、ブーメラン

まものマスター:剣、オノ、ハンマー、ムチ、ブーメラン、弓

スーパースター:短剣、ムチ、扇、ブーメラン、弓

 

目立たない基本職ボーナス

とりあえずレベル50にするということはすでに述べた通りだが基本職のレベルを上げておけば少し良いことがある。バトルマスターでいうと戦士をレベル60にすると最大HP+10のボーナスがつく。武闘家をレベル60にすると最大HP+10がつく。両方レベル60にしておけば合計HP+20ボーナスってこと。もっとレベルをあげておけばステータスアップや特技チャージ時間の短縮などの地味な特典がつく。積み重ねれば大きいので余裕があればやっておきたい。ただし、最低でもレベル60以上にしないとボーナスはない。レベル50を超えるとレベル上げはかなりしんどくなる。

 

 

これでなかなか倒せなかった高レベルイベントボスとも戦えるようになるかもしれない。

健闘を祈る!

 

-ゲーム
-

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.