マイナンバー通知届いたゾ|さてどうするんだっけ

更新日:

マイナンバー通知がついに届いた。11月も終わりになってなんとか届いたはいいんだけどどうしたらいいんだっけ。実際に受け取って気づいたことを書いてみる。

受取り

忘れたころにやってきた郵便屋さん。なかなか届かいないので12月になるかなぁと思って気を抜いてました。

簡易書留なので受取確認をする。郵便局もこの時期色々ミスが重なりかなりナーバスになっているらしく、簡易書留にしては少しだけ念入りに「住所と名前は間違いないですか」と何度も聞かれた。とはいえ所詮簡易書留。本人確認などはない。

届いた封筒はこんな感じ。
01f9ace63581d365a2297754fbbc8676cc61c75749

01ceb374f3141cc3991a1986b635a41ae76a0cef7f

家族全員分届くと思っていたのが一通しかない。あれ?「家族全員分一緒に届くんじゃないんですか?」と郵便やさんに聞いてみる。ホントはこんなこと聞かれても応える立場にないよなと後から気づく。が、一応答えてくれた。「家族全員分世帯主宛に届くみたいです。」なるほど。開けてみたら確かに全員分のカードらしきものが入っていた。

内容物

中に入っているのは、通知カード(キャッシュカードサイズのもの)と個人番号カード交付申請書、あとはパンフレット。通知カードはペラッペラの頼りない感じ。ただ、軽く少しっぽいものも入っていて単純にコピーはできなさそう。これをなくすと色々と面倒なことになるのは間違いないので大切に保管する。ミスって公開してしまうのも嫌なので、画像はアップしません。くれぐれもSNSなんかにアップしないようにしましょう。

この後やること

さあ受け取ったはいいがどうするんだっけ?と一瞬ほうけてしまうぐらい手順などは何も入っていない。パンフレットにも手続きというよりはマイナンバー制度の説明だけだ。

会社や金融機関に提出の必要がある人はそれぞれ指示に従おう。あくまで自分の番号がわかった段階。多くの方が一番初めにするのは年末調整のために勤め先に提出することになる。扶養家族全員分提出する必要があるので厳重に提出しよう。事務手続きとしては期間がギリギリなはずなので入力ミスがないように注意。ちなみにコピーすることは禁止されているので多くの場合書き写す、もしくはパソコンなどでて入力することになるはず。

本来マイナンバーの開示は本人確認が必須となる。要は自分のマイナンバーを会社に教えるにも自分自身の番号であることを証明する。扶養家族も同様。ただし、本人はまだ会社にいるので確認できるが扶養家族のカオ写真付き本人確認は現実的にはムリ。なのでこの部分はかなり簡略化されるだろう。
そうでなければ事務負担が大きすぎる。

マイナンバーカードの申請

マイナンバーカード情報

会社の手続きがの方が期間が目前なので優先した方がいい。このあとは、マイナンバーカード(個人番号カード)を申請する。

え、もうカード受け取ってるじゃんと思ったんじゃないだろうか。

ここがこの制度のややこしいところの始まり。郵便で受け取ったのは番号の通知カード。あくまであなたの番号はこれですよというお知らせ。このカードも紛失してはいけない。今後なんらかの形でマイナンバーを提示する場合にはマイナンバーカードという顔写真付きの身分証明書があった方が便利だと予想できる。実際にこのカードを持ち歩く、提示するなどしない場合でも電子証明書を使う場合に必要になる。

ただし、これは義務ではない。カードが2枚になることで管理の手間も増えるし写真登録時に本人以外の写真を登録されれば逆に悪用し放題。
一時期は財務省が消費税を減免するために使用するなどと言っていたもので、このような使い方をされるとほぼ必須になる。

今のところマイナンバーカードを作っておけば便利になるというよりは、何かの時にないと困る。ということになりそう。

申請方法

この申請もまたややこしい。いや申請自体は簡単でスマホでもできるし通知に同梱されていた申請書の郵送でもできる。写真が必要になるのでスマホで写真をとってそれをアップロードするのが手軽だろう。申請用サイトの2次元バーコードもついている。役所の人件費(つまり税金)の抑制のために写真はサイトアップロードするようにしよう。下手に送付すると写真の貼り間違いなど発生する元になるし、作業効率も下がる。

現段階でできるのは、マイナンバーカードの申請のみ。写真を貼ったカードの受取は来年以降。カードができましたよという通知を受けてから役所に直接行く必要がある。この時本人確認されるので写真は間違いなく自分のものを送信しよう。

なかなか使いドコロがわからないのでいまいちピント来ないが必要な手続きはしっかりしておこう。知らなかったは通用しない。自分で情報を集めることが大切。

-コラム

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.