五郎丸フィーバー!五郎丸歩がTV取材を断わらない理由とは?

更新日:

ラグビー日本代表でありワールドカップでの活躍とルーティンで一躍時の人となった五郎丸歩選手。連日テレビに引っ張りだこだ。福岡出身という縁もありプロ野球の日本シリーズ第一戦ではソフトバンク本拠地のヤフオクドームで始球式も行った。まるで芸能人のような人気ぶりだが実は本業のトップリーグがまもなく開幕する。本業の方のトレーニングや準備はできているのだろうか、という批判もそろそろ出てくる頃だがTVや雑誌の取材はおそらく断わらないだろう。その理由を考察してみた。

 

一人はみんなのために

ラグビーには有名過ぎる言葉がある「一人はみんなのために、みんなは一人のために」。この言葉のように、五郎丸選手の行動やラグビーに対する思いには自分一人の成功や名声を求めていない。自分を育ててくれたラグビーに対して恩返しをしたい気持ちがそこかしこに現れている。

 

 

将来のラグビーのためにできること

ラグビーはスクールウォーズの時代には人気スポーツだった。それが今や不人気スポーツのだい人気ラグビー経験者やファンならみんな願っているが人気回復して欲しい。ラグビー人気が低迷した理由は様々ある。いわゆる3Kのスポーツであったりケガをするというのもあるだろう。だが、管理人の考える最大の不人気理由は”弱いから”。

 

世界の中での日本のラグビーの実力は低い。世界トップクラスの国と戦えば必ず負ける。そういう状況だったからこその南ア戦勝利のフィーバーがある。弱くては試合に負ける。試合に勝てなくては見ていて面白くない。人気が低迷する。競技人口が減る。競技する人が少なければ強くて上手い選手は他のスポーツに取られてさらに弱体化する。この悪循環がこの数年、いや数十年の日本のラグビー界だ。

これをなんとかしたいという想いが五郎丸選手にもある。ラグビー人気の上昇、普及に貢献したいという想いがあり、どんなにスケジュールが厳しくとも取材には積極的に応じるだろう。それが将来のラグビー界のためになるからだ。

 

ラグビーの普及は予想と反対だった

正直ラグビーが世界で強くなるためには、ラグビーの人気が出て競技人口が増えてからだと考えていた。サッカーで言う「キャプテン翼」、バスケでいう「スラムダンク」のような、当時マイナーなスポーツを題材にしたアニメやドラマになってメジャーになり人気が出てそれから数年後に強い選手が出てくる。そう考えていた。そのため、ラグビー漫画のヒットを願っていた。漫画がヒットすればアニメになり映画やドラマになりやすいからだ。

 

だが、実際は逆だった。まさか強いラグビーチームができたことでラグビー人気になるとは。ホントにおどろきだ。

 

実は、ワールドカップのこの熱狂が始まる前は、ラグビーの人気回復のために流行の兆しのあるこの漫画に期待していた。雨瀬シオリ先生の「オールアウト」である。

 

 

失礼ながら今までのラグビー漫画はお世辞にも面白いと思うものがなかった。流行ることもなくとうていラグビー界のスラムダンクにはなれなかった。だが、ココに来てついに出てきた。幸いにもアニメ化するほど人気も上々らしい。

 

この一時的な五郎丸人気で終わらず、日本のラグビーが盛り上がることを期待する。

 

-ラグビー

Copyright© スクラム8 , 2021 All Rights Reserved.